「つなぐ」を仕事にしています。


 

ごあいさつ

社会や経済環境の変化によってかつての活気を失いつつあった八幡駅前を再び
魅力ある街へ再生させようという地元の思いが集まり、20年以上の歳月をかけて2004年、新しい再開発ビルが完成しました。

そして、早春の雪の中から芽吹き成長していく蕨(わらび)の姿を街の将来にかさね 「さわらび(早蕨)ガーデンモール八幡」 と名付け、このエリアを守り、育てるお手伝いをするために八幡駅前開発株式会社は設立されました。

社会情勢はこれまで以上に早く複雑に多様化して行くと思われます。そうした中、地元の歴史や文化に沿いつつ新しい時代に合わせたまちづくりによって、居心地の良い「場」を作ることを大切にしていきたいと考えております。

ビルマネジメントに真摯に取り組むとともに、ステークホルダーの皆様に信頼していただき、地域の発展に貢献できるよう努力して参ります。

 

代表取締役社長
井上 龍子

会社名
八幡駅前開発株式会社
所在地
〒805-0061 福岡県北九州市八幡東区西本町4-1-1
設立
平成12年4月19日
資本金
1億円
代表者名
井上 龍子
施設名
さわらびガーデンモール八幡 一番街、二番街、三番街
床所有
施設全体の約70%(住宅を除く)
連絡先
〒805-0061福岡県北九州市八幡東区西本町4丁目1-1
(さわらびガーデンモール八幡一番街2F)
TEL:093-681-0697
FAX:093-681-0699

ロゴマークに込めた思い

地域の「歯車」をモチーフとしたイメージの中には、「地域内のさまざまな立場の人が、八幡駅前開発(株)をきっかけにつながっていく」という思いを込めている。

またモチーフの縁面は街や人・組織を表し、つながってきたところと、現在進行形でつながりつつある部分を表し、やがて全部つながり綺麗な輪になることを目指している。地域に根ざす企業として、「つなぐ」ことをミッションとして掲げ、八幡の発展と共に企業としても成長をしていくという強い思いを持って、運営を行っている。

社名の英語表記について

YAHATA
「八幡」の地域に根ざす。「八幡」から発信する。

 
CORPORATE
[一団となった。地域的な。]という意味


COMPANION
相棒。肩を組んで寄り添いながら
歩くイメージを持つ。

 

 


これからも八幡のまちと共に歩んでいきます。

テナントリーシング・テナントマネジメント

テナントの皆様のサポートや、新しいテナントを誘致するなどして、お客様のニーズに合った円滑な施設運営をすすめます。

建物、設備管理

各設備の維持保全のための診断、長期修繕計画の企画・立案・実施を行います。

『けやきテラスPJ ロゴマーク』

まちづくり活動

『けやきテラスプロジェクト』として、
地域のブランディング、多世代にわた
る人々の学びや交流に繋がる活動を
実施しています。


作るまでより作られた後の方がはるかにながい。

再開発事業では、完成したビルが街の人々にとって持続的に活かされていく事が重要と考え、地域とつながり、共に街を考える活動を推進しています。
明治時代から続く文化と、考え抜かれた都市計画による革新性が追求された八幡の街は美しい景観と利便性が共存した住みよい街として認知されています。
八幡の街の歴史を踏まえて地域資源を活かし、次世代につながるためのエリアマネジメントとしてまちづくり、人づくりを目指しています。